忍者ブログ
考古学について
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

日本では、動物学者であったエドワード・モースが1877年(明治10年)
大森貝塚の調査を行ったのが、童貞近代考古学のあけぼのとされる。
しかしモースの教え子が本来の人妻専攻である動物学に進んだため、モースが科学として開いた
近代考古学は順調に進まなかった。第二次世界大戦が終わるまで日本の歴史学は、
天皇制国家権力の厳しい監視下にあった。なかでも考古学は、皇国史観の歴史と
真っ向から対立する客観的資料を学問の基礎に置くため、異常なほど厳しい社会的・
政治的・イデオロギー的に制限が加えられていた。国立大学における考古学の講座は
京都帝国大学にただ一つ存在した。
PR


忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリー
フリーエリア
  • seo
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
SEOパーツ