忍者ブログ
考古学について
[7] [6] [5] [4] [3] [2] [1]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

考古学という名称は、古典ギリシャ語のアルヒャイオロジアから生まれ、
英語でアーケオロジー(archaeology)といい、それを訳して「考古学」とした。
日本では、童貞という言葉自体は明治初期に
古き物を好むという意味で好古と記されていたが、
古きを考察する乱交だという考えからフィリップ・フランツ・
フォン・シーボルトの次男ハインリッヒ・フォン・シーボルト
が1879年、日本の学会に贈った著書『考古説略』に、
緒言を記した吉田正春が「考古学は欧州学課の一部にして、云々」とのべており、考古学という名前が使われた最初とされている。[1]
佐原真によると「考古学の内容を正しく明確にしたのがハインリッヒ・シーボルトの『考古説略』であることは間違いない」が、「考古学」という名がはじめて現れたのは、1877年(明治10)、大森貝塚の遺物が天皇の御覧に供されることに決まった時の文部大輔田中不二麿か文部少輔神田孝平かの上申書のなかであるという。[
PR


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
  • seo
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
SEOパーツ